Q&A

もくじ

Q1、加工可能な材質・板圧・精度は?

A:プレス加工
材質:スチール、ステンレス、アルミ、銅、黄銅、リン青銅、リボン鋼、カラー鋼等
板圧:0.1〜3.2mm
製品寸法精度:±0.1mm〜
金型加工
材質:スチール、超硬
金型加工 精度:±0.05mm〜

▲ページTOPへ戻る

Q2.Eメールでの図面データの受け渡しは可能ですか?

A:当社はAutoCAD(R14,LT)を使用していますので、仕様できるデータは、
・DWG
・DXF
等になります。

▲ページTOPへ戻る

Q3.概略のイメージしか決まっていません。デザインや図面作成から対応可能ですか?

A:イメージ・寸法・材質・数量等をお聞かせ願えれば、
デザイン・図面作成から対応いたします。

▲ページTOPへ戻る

Q4.実物(サンプル)だけ、図面無しでも製作は可能ですか?

A:実物(サンプル)によりますが、製品化させていただいた実例もあります。
サンプルをお預かりさせていただき見積もり、試作サンプルを
ご確認ご納得いただいた上で量産となります。

▲ページTOPへ戻る

Q5.完成品にするために必要な購入部品についても手配できますか?

A:対応可能です。

▲ページTOPへ戻る

Q6.塗装・メッキなどの表面処理は対応可能ですか?

A:協力頂いている工場がありますので対応可能です。
また、ご希望であればご紹介も致します。

▲ページTOPへ戻る

Q7.組立(簡単な組み付け、パッケージング等)だけでもお願いできますか?

A:対応可能です。

▲ページTOPへ戻る

Q8.ロット数量については、いくつから対応可能ですか?

A:試作(1個)から対応可能です。
コスト的には、大きさや形状などにもよりますが、新規試作等の場合、50ヶLOT位が最もメリットが出ると思われます。

▲ページTOPへ戻る

Q9.品質についてはどんな対応をしていますか?

A:基本的に全数検査を行っています。検査データの提出も可能です。

▲ページTOPへ戻る

Q10.納期についてはどの程度必要ですか?

A:7〜15日(製品や製作内容により異なります。)

▲ページTOPへ戻る

Q11.大きさについてはどの程度まで製作可能ですか?

A:加工材料・板厚によって変わります。
現在、亜鉛鋼板(カラー鋼板)の加工で400mm×1200mmを行っています。

▲ページTOPへ戻る

Q12.製造工場を見学できますか?

A:喜んでご案内させて頂きます。お気軽にお問い合わせください。
実際に商品開発時にはご足労頂き、図面打ち合わせをさせていただくのが
効率的であると考えます。

▲ページTOPへ戻る

Q13.環境に対する配慮は行っていますか?

A:試作金型から量産金型へのパーツの流用や標準化を
積極的に進めており、全社をあげてリサイクル運動に努めております。

▲ページTOPへ戻る

Q14.形状以外のデザインも対応できますか?

A:喜んで対応させていただきます。新商品企画ではパッケージやチラシ、
展示会用パネルも対応しています。またデザイン部門では
通常業務以外でも、お客様の会社の看板や表札、小ロットの名刺、
工場内のヘルメットやジャンパー・腕章、事務所の木製家具、
社員様の御結婚のお祝い品などでもコスト面(本業ではないので
とても安価です)において協力させていただいております。

▲ページTOPへ戻る

Q15.YAGレーザーではどのようなことができますか?

A:弊社所有のYAGレーザは、小型ですがCCD射出カメラとアクチュエータ
(自動位置決め)の組み合わせにより、テレビモニター上で溶接箇所を
確認しならがの作業が可能です。微細スポット溶接のためワークに与える
溶接点も小さく、熱影響や歪みが少ないのが特徴です。
試作や仮止めなどに最適です。

▲ページTOPへ戻る